2017年02月22日

外壁の異常

こんにちは!

アフターサービス課の竹中です。

昨日から寒い日が続きますね。明日は雨が降る予報のようです。

雨といえば、家にとっても大敵です。

雨が家の内部に浸入すると木材が腐朽していきます。

それを防ぐためには、屋根が外壁を正常な状態にすることが重要です。

以前点検したお宅ではこのような状態でした↓
IMGP0272.JPG

もう少し拡大すると
IMGP0273.JPG

外壁のつなぎ目のシーリング部分が劣化して、隙間が開いていました。

これも壁の内部に雨を浸入させてしまう要因です。

建ててから10年経過したお宅は一度は外壁の状態を見る事をお勧めします。

■ 当社HPはこちらからご覧ください ■

  common10.gif


■ しろあり防除工事について詳しくはこちらから ■

  img_main05.jpg


■ 塗装工事について詳しくはこちらから ■

   main_img03.jpg
posted by gifu at 12:54| 岐阜 ☔| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

クリア塗装

こんにちは。

住宅アドバイザーの桑原です。

さて、今回は外壁サイディングのお話です。

一般的にサイディングは10年に一度塗装工事する事が目安です。

10年というのはあっという間に来てしまうかもしれませんが、

この10年の間に、サイディング自体は少しづつ劣化が進んでいっています。


最近は、デザインサイディングと呼ばれるタイル調やレンガ調の

デザインが施されたサイディングを多く見ます。

皆さまも。ご新築時にはこのデザインを気にいって外壁に採用された方も

多いのではないでしょうか??


通常、外壁塗装となりと塗りつぶしになりますので、せっかくのデザインも

10年で無くなってしまうわけです。

しかし、デザインを残したいとい方には、クリア塗装をお勧めします。


※塗装工事前
RIMG3959-1903f.jpg

※塗装工事後
RIMG4642.jpg

写真だと分かりにくいかもしれませんが、表面がつやつやになっています。

デザイン自体は変わりないので真新しさはありませんが、しっかりクリアの塗膜で

保護をする事により、デザインを生かし外壁材を保護する2役を務めています。


デザインを生かしつつメンテナンスをしたい方は是非お勧めです。
posted by gifu at 15:17| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ベランダのシミ

こんばんは。
住宅アドバイザーの桑原です。

先日、外壁の診断をして気になる点があったのでお伝えします。

状況としては、軒天井に水染みが見られました。

1.bmp

この部分に関しては、お客様も普段目にする箇所のため気にはされていたようですが、

原因が分からず放置していたとのことでした。

詳細を確認した上で、原因として以下のことが考えられるとお伝えしました。

染み部分の上部にある幕板のシーリング劣化

2.bmp

FRPベランダのクラック

3.bmp

年数が経てば紫外線の影響や建物の挙動などが原因で建物が劣化することは致し方ありません。

ただ、そのまま放置すればするほど建物は急速に傷んでいきます。

上記のような雨染みが見られる方はもちろんですが、10年以上建物の手入れをしていない方や

現状確認をされていない方はお気軽にご連絡ください



posted by gifu at 18:02| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

見えにくい部分の劣化

こんばんは!

アフターサービス課の竹中です。

昨日、今日は昼間はあたたく上着もいらないくらいでした。

このまま暖かくなってくれると良いなぁ。と思ってたりします。


さて以前点検をしたお宅で、その周りの確認をしていた際に劣化がありました。
IMGP0346.JPG

上の写真は出窓の屋根部分です。

つなぎ目がサビていました。このまま放置すると、雨漏りにつながります。

なかなか目の届きにくい所ですので、生活していても気づかない事があります。

その為、定期的に確認する事が重要です。

弊社は床下だけではなく、外壁や住宅全般の点検が可能となっています。
■ 当社HPはこちらからご覧ください ■

  common10.gif


■ しろあり防除工事について詳しくはこちらから ■

  img_main05.jpg


■ 塗装工事について詳しくはこちらから ■

   main_img03.jpg


■耐震診断についてはこちらから■

   c141200998e038686d4eb461a6b7d309.jpg

posted by gifu at 20:09| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

FRP防水

こんにちは。
住宅アドバイザーの桑原です。

さて本日は防水について少しご紹介しようと思います。

こちらは今までにも何度か出てきているFRPの防水層です。

100.jpg

よく見てみると

101.jpg

まっすぐなクラックが入っていました。(〇の箇所です)

恐らくこの規則的なクラックは下地の板の揺れ(建物自体の挙動)に

表層の防水層が追随できずに切れてしまったものと思われます。


FRP防水は強度の面や形状を選ばずに施工できることなど、優れたポイントが

多いのですが、ゴムのように変形することはできません。

一度周辺を研磨し、下地をビス固定するなどしてから再度防水層を

やり直して対応したりします。

使われる材料にはそれぞれの性格があるんだと常々考えさせられます。

posted by gifu at 17:29| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

サイディング補修

こんにちは。住宅アドバイザーの桑原です。


毎日寒い日が続いていますね。
先日、自宅では初雪が降りました。


さて、先日塗装工事が完了した物件で外壁の補修工事を行いました。

1.jpg

反っていた外壁材を、

11.jpg

ビスで留めました。そして、

111.jpg

隙間をシーリングで埋めました。

これで塗装ができる状態になりました。

補修をせずに塗装工事を行ってしまうと、隙間から雨水が浸入する恐れがあります。

ただ塗るだけでなく、下地の調整から行うのがプロの仕事です。

posted by gifu at 18:50| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

スレート瓦

こんにちは。住宅アドバイザーの桑原です。

今日は、現在塗装工事中の築20年のお家の屋根についてです。

スレート瓦と呼ばれ、厚さ4.5mmのセメント主成分の瓦材です。

築20年が経過したスレート瓦は、表面の塗膜が相当劣化し、防水性能は衰え表面に苔が多く

発生してきます。

2.jpg

御覧のように、かなり苔の発生が目立っています、防水性が衰えているサインです。

この様な瓦を高圧洗浄しますと

22.jpg

このように真っ白になり、新築時の黒色の塗装が殆ど剥げてしまっています、

この様な状況では、スレート瓦の基材強度も低下し、ひび割れや、反り浮きなど現象も起きやすく

雨漏れの原因にもつながる可能性も有ります。

222.jpg

3333.jpg

塗装後の画像です。

無機ハイブリット遮熱防水防カビ塗料、期待耐用年数15~20年の超耐候性塗料を使用しています。

施工前の状況が全く予想出来ないほどの仕上がりです。

これで、安心ですね。

皆さまのお家の屋根は大丈夫でしょうか?

屋根は普段見えない為に、劣化が生じていてもほとんどお住まいの方は気づきません。

まずは、現状の状態を把握する外装劣化診断をおすすめいたします。


posted by gifu at 19:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

サビ


こんばんは☆

向中野です。

12月にはいり、寒さも本格的になってきましたね。
体調には気をつけましょう!!

今回は、サビについて説明します。

サビの定義としては、金属の表面の不安定な金属原子が環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)を
おこし生成される腐食物の事を言います。(Wikipedia参照)

皆さんの生活環境の中でも様々なサビは目にする事があると思います。

外壁面でのサビの事例。

IMG_0314.JPG

トタンは鉄なので、もちろんサビ発生します。

そのサビを放置していますと、腐食して下記の写真のようになります。

IMG_0318.JPG


このように穴があいてしまうとそこから浸水していく可能性が高くなってしまいます。

そうなるとトタンの張替え等が必要となってきます。
そうなる修繕工事も大がかりになってきます。

そうならない為にも、定期的に塗装工事が必要となります。
きちんとサビ止めをした上で、キチンと塗装をしていきます。

気になる方はご連絡下さい。


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif


外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp


posted by gifu at 17:17| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

塗装完了

こんにちは。
住宅アドバイザーの桑原です。

先日、外壁塗装工事が無事完工したので報告です。
今回はクリヤー塗料を使用した事で建てたときの窯業系サイディングの
デザインが生かされてとてもキレイな仕上がりになりました。
お施主様からも大変満足のお言葉を頂きました。

6.jpg

話しは変わりまして、10年点検で先日お伺いしたお客様宅で外壁の目地で
こういった状況を見ました。

66.jpg

サイディングのボードとボードの隙間にシーリング材が充填されています。
こちらは、『クラック誘発目地』とも言います。
建物が動く際、ボードにクラックが入らないように、この目地で揺れを
干渉してくれています。

ですが、紫外線の影響で写真の様なヒビ割れも発生し、雨漏りの原因に
なる事もあります。

当社の診断員は、細部に渡る劣化状況をきちんとお客様に事実としてご報告
させて頂きます。

それが本当のお客様の為ですからね。
posted by gifu at 19:25| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

クラック誘発目地

こんにちは。
住宅アドバイザーの桑原です。

先日、外壁塗装工事が無事完工したので報告です。
今回はクリヤー塗料を使用した事で建てたときの窯業系サイディングの
デザインが生かされてとてもキレイな仕上がりになりました。
お施主様からも大変満足のお言葉を頂きました。

6.jpg

話しは変わりまして、10年点検で先日お伺いしたお客様宅で外壁の目地で
こういった状況を見ました。

66.jpg

サイディングのボードとボードの隙間にシーリング材が充填されています。
こちらは、『クラック誘発目地』とも言います。
建物が動く際、ボードにクラックが入らないように、この目地で揺れを
干渉してくれています。

ですが、紫外線の影響で写真の様なヒビ割れも発生し、雨漏りの原因に
なる事もあります。

当社の診断員は、細部に渡る劣化状況をきちんとお客様に事実としてご報告
させて頂きます。

それが本当のお客様の為ですからね。


posted by gifu at 14:49| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

築10年目

こんばんは。
住宅アドバイザーの桑原です。

先日実施した、築10年のお宅の外装診断についてお伝えします。

屋根はアスファルトシングル材という屋根材で、目立つ劣化も無く基本的には10年以上
メンテナンスの必要のない素材です。

外壁材は窯業系サイディングボードで出来ており、

5.jpg

表面塗装膜は経年劣化により防水性は低下している状況でした。

55.jpg

端部のコーナーピースの部分も継ぎ目に空隙も出てきており、塗装により

防水性を高める必要が有ります。

555.jpg

窯業系サイディングボード継ぎ目のシールに、樋金具が刺さっていますが、この金具まわりも

シールが紫外線により劣化し硬化してきている事も有り、空隙が生じてきています。

5555.jpg

雨樋も塩化ビニール樹脂でできているもので、紫外線により経年劣化し、
硬化しやすくひび割れ発生の原因にもつながります。

このように、築10年でお家の、外装材の経年劣化は少しづつ進行していきます。

住宅を長持ちさせるためには、外装材の防水性を蘇生し、基材保護のメンテナンスが
重要におなってきます。

皆さまのお家は、大丈夫でしょうか?

大切なお家の定期検査とメンテナンスは、是非アイジーコンサルティングに
お任せ下さい!

posted by gifu at 22:07| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

足場設置!!


こんにちは。

【向中野】です。

11月にはいり、だいぶ寒さが増してきたように感じます。
今年の冬はどんな寒さが待っているのでしょうか??

さて、今回は外壁塗装工事における足場設置について紹介します。

外壁塗装工事や外装工事をする際に、足場工事が必要となります。
皆さんも一度は目にした事があるのではないでしょうか?


足場.JPG

安全に工事を進めていく為にも、足場設置は必要となります。

屋根工事の場合、屋根勾配によっても足場が必要となる時があります。

屋根勾配とは・・・・

4157-350x240.png

屋根勾配とは、屋根の角度の事を言います。
街中にあるお宅の屋根の角度って様々だという事をご存知でしたか?

4寸〜4.5寸ほどが一番理想的な角度とされています。
急勾配な屋根や逆に緩やかな屋根にもメリットデメリットがあります。

急勾配だと、塗装工事の際は屋根足場が必要となります。
メンテナンスに掛かる費用としては上がりますが、
勾配が急だと水はけがよく、雨漏りのリスクが軽減されると言ったメリットもあります。

弊社塗装工事では、6寸勾配以上で屋根足場の設置する事にしています。

屋根足場とは・・・
IMGP9062.JPG

勾配が急だと、職人が足を滑らしたりと危険もあり安全かつ高品質なものが出来ない為、
屋根足場を設置します。


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif


外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp




posted by gifu at 16:00| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

軒天井のメンテナンス

こんにちは。
住宅アドバイザーの桑原です。

だいぶ寒くなってきましたね。

これから段々と外での点検がきつい時期になってきます。

こちらは以前に塗装工事をしている現場の軒天の状況です

4.jpg

44.jpg

ベニヤが貼られておりますが、経年劣化により塗装膜が防水機能を

果たさなくなってしまい、表面が剥がれてきてしまっています。

こうなりますと塗装をする事も出来ず、交換となってしまいます。



もっと早めに塗装していれば・・・と残念です。

幸いにも構造部材への腐朽がなかったのですが、

何事も早めの予防をしていきたいですね。



posted by gifu at 18:45| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

スレート瓦!!


こんばんは☆

向中野です。

昨日日中に公園にいきましたが、昼間はまだ半そででもいいくらいの暖かさでした。
これから寒さも増してくるので、衣替えが必要ですね。


さて今回は、高所点検装置をご紹介します。

住宅の屋根というと下からでは見えません。
かと言ってハシゴで登る事も危険が伴います。
屋根も経年劣化をしていきますので、定期的にはチェックをした所です。

そんな時に、高所点検装置を活用します。

RIMG7257.JPG

棒を伸ばしていくのですが、先端にはカメラがついています。

それを下から操作して写真を撮ります。

CIMG0013_400.jpg

キレイに写真に収める事ができます。


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif


外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp



posted by gifu at 17:00| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

塗装の塗り方

こんばんは。
住宅アドバイザーの桑原です。


色々な所で塗装現場を見るようになりました。

秋は気温と湿度の関係が良く塗装するには良い時期です。

気になっている方はご相談を・・。

そして今回は塗り方です。

33.jpg

このようにローラーで塗るところもあれば

333.jpg

吹き付けする所もあります。

3333.jpg

細かな所は刷毛で丁寧に仕上げます。

一概に塗装と言ってもただ塗るだけではありません。

状況に合わせて塗り方を変えます。

塗膜の厚さの確保や仕上がりの綺麗さにも力を入れています。
posted by gifu at 18:30| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

錆〜サビ〜

こんにちは。

向中野です。

朝夕は寒かったり、日中は暑かったりと、体調には気をつけましょう!!

今回は、サビについて説明します。

サビの定義としては、金属の表面の不安定な金属原子が環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)を
おこし生成される腐食物の事を言います。(Wikipedia参照)

皆さんの生活環境の中でも様々なサビは目にする事があると思います。

外壁面でのサビの事例。

IMG_0314.JPG
トタンは鉄なので、もちろんサビ発生します。

そのサビを放置していますと、腐食して下記の写真のようになります。

IMG_0318.JPG

このように穴があいてしまうとそこから浸水していく可能性が高くなってしまいます。

そうなるとトタンの張替え等が必要となってきます。
そうなる修繕工事も大がかりになってきます。

そうならない為にも、定期的に塗装工事が必要となります。
きちんとサビ止めをした上で、キチンと塗装をしていきます。

気になる方はご連絡下さい。


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif


外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp




posted by gifu at 17:18| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

塗装の塗り方


こんばんは。
住宅アドバイザーの桑原です。


色々な所で塗装現場を見るようになりました。

秋は気温と湿度の関係が良く塗装するには良い時期です。

気になっている方はご相談を・・。

そして今回は塗り方です。

33.jpg

このようにローラーで塗るところもあれば

333.jpg

吹き付けする所もあります。

3333.jpg

細かな所は刷毛で丁寧に仕上げます。

一概に塗装と言ってもただ塗るだけではありません。

状況に合わせて塗り方を変えます。

塗膜の厚さの確保や仕上がりの綺麗さにも力を入れています。

posted by gifu at 20:06| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

下地処理!!


こんばんは☆

先日のブログでもありましたが、社員総会がありました。
社員一同が集まる場で、普段なかなか会わないメンバーとも交流をしています。

その帰りに、春日井店の店長 大塚と以前岐阜支店に在籍していた佐藤と
一宮駅で2次会をしてきました。
2人共、一宮市に在住でこの岐阜支店エリアに住んでいます。
他店のメンバーと普段話さない事を話したり、交流する事がIGの良い所なんです!!


さて、題名にもあるように下地処理というのはとても大事な事なんです。
今回は、外壁塗装工事においての下地処理です。

この下地処理が「塗装の品質の良し悪しを決める!!」といっても過言ではないでしょう。

いくら表面が綺麗に仕上げてあっても、その下地がひどいままだと塗膜が剥がれてしまったり、
数年経過して不具合が出てきてしまうなんてことは良く聞く事です。

IMGP4149.JPG

この写真は、塗膜が膨れあがってきてしまっています。
以前塗装した際の下地処理がきちんとされていなかった事により、
膨れ上がってしまったと推測されます。

IMGP4161.JPG

今回は、可能な範囲まで剥がせる所は剥がしていきます。

非常に手間と時間がかかる作業となりますが、
この手間と時間を惜しんでしまったら、また繰り返してしまいます。

なので、下地処理はしっかり行う事が大切なのです


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif


外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp






posted by gifu at 19:48| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

屋根のチェック

こんばんは。
住宅アドバイザーの桑原です。

先日、屋根の調査をしました。

最近は台風などの災害が多く、お客様より確認依頼をいただきます。

今回は築年数的に漆喰や谷樋(銅版)のメンテナンス時期になっていました。

111.jpg

やっぱり銅板の厚みが薄くなっていますね。

色が茶色っぽく変色している箇所が酸性雨などの影響で腐食している部分です。

放置すると穴が開き雨漏りに発展していきます。

112.jpg

瓦の隙間にワラが見えますか??

鳥が巣を作っています。

数カ所このような巣が確認されました。


その他にも全体的に瓦が蛇行しているなどの不具合も確認されました。


定期的に見てみないと分からないものです。

屋根工事、塗装工事等のメンテナンスをご希望の方はぜひIGコンサルティングまで!!


posted by gifu at 17:16| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

外壁の劣化


こんばんは☆

【向中野】です。

9月も残り一週間ですね。
今週末は運動会をしていた所が多かったようですね。
運動会日和なのか??暑くはなかったので、やりやすかったのではないでしょうか。

さて、今回は外壁の劣化についてご説明します。

よくあるのが、チョーキング現象。

untitled.bmp

壁をさわったら手のひらが白くなったとか経験ありませんか??

チョーキング現象が起きてくると、外壁塗装の目安の時期といえます。

更に進行していくと、ひび割れ等も起きてきます。

sa12.jpg

ひび割れも進んでしまうと、補修が大掛かりになったり、補修がきかない場合も
でてきてしまいます。
そうなる前に対策が必要です。

外壁塗装は10年が目安と言われています。

外壁塗装といっても、色を塗潰してしまう場合が一番イメージがつくと思います。

実はクリアの塗装もあります。

どんな感じがといいますと・・・(分かりにくいかもしれませんが)

※塗装前
RIMG3959.JPG


※塗装後
RIMG4642.JPG


光沢が出ているのがわかりますか??
見た目は大きく変わりませんが、塗膜で保護されていますので、
しっかりメンテナンスできています。


アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif



外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp





posted by gifu at 17:00| 岐阜 ☀| Comment(0) | 外壁塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする